ニュース
» 2018年02月21日 19時12分 公開

「グループ全体の価値向上」:DMM.com、成人向け事業を分社化 半年後に新ブランドも

DMM.comが、3月1日付で成人向け事業を分社化すると発表。移管先は新会社「デジタルコマース」(金沢市)。成人向け事業は、半年後をめどにブランドを刷新する予定。

[ITmedia]

 DMM.comは2月21日、3月1日付で成人向け事業を分社化し、昨年12月に設立済みの新会社「デジタルコマース」(金沢市)に移管すると発表した。

photo dmm.comの公式Webサイト

 DMMは現在、FX(外国為替証拠金取引)や英会話など他事業に注力しており、「2018年にグループ創立20年を迎えることを機に、グループ全体の企業価値を最大化するため分社化を決めた」と説明している。

 デジタルコマースの資本金は1000万円。DMM.comラボの社長を務める開田栄次郎氏が社長に就任する。

photo 新会社の概要

 新会社での成人向け事業は半年後をめどにブランドを刷新し、新たなロゴとサービス名で展開する予定という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -