ニュース
» 2018年03月02日 13時53分 公開

魅力的なブランドへ:SUBARU社長交代 吉永社長は会長に 中村専務が昇格

SUBARUが社長交代を発表。吉永泰之社長が会長に就任し、中村知美専務執行役員が昇格する。SUBARUをさらに魅力的なブランドへ成長させるためという。

[ITmedia]

 SUBARUは3月2日、吉永泰之社長が代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)に就任し、後任として中村知美専務執行役員が代表取締役社長兼COO(最高執行責任者)に昇格すると発表した。6月の株主総会を経て就任する。

 現専務執行役員兼CTO(最高技術責任者)の日月丈志氏は退任する。現取締役会長の近藤潤氏も取締役を退任する。

photo SUBARUの吉永泰之社長(=左)、中村知美専務執行役員(=右)

 中村氏は58歳。現在は海外第一営業本部長、米子会社Subaru of America会長も務める。

 SUBARU社長交代の理由について「自動車業界を取り巻く変革期を乗り切り、SUBARUをさらに魅力的なブランドへ成長させ、より質の高い会社として、持続的に成長するための盤石な体制を築くために、経営陣の若返りと体制の一新をはかるものです」とコメントしている。

photo SUBARUによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集