ニュース
» 2018年03月06日 13時52分 公開

キャッシュレス化進む:「LINE Pay請求書支払い」スタート スマホだけで公共料金支払い可能に

LINE子会社でモバイル決済サービスを展開するLINE Payは3月6日、公共料金や通信販売などの請求書に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay請求書支払い」のサービスを開始した。

[ITmedia]

 LINE子会社でモバイル決済サービスを展開するLINE Payは3月6日、公共料金や通信販売などの請求書に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay請求書支払い」のサービスを開始した。

photo

 従来は請求書と現金を店舗などに持参して支払う必要があったが、同サービスを利用することで、いつでもどこでもスマホだけで支払えるようになる。

 当初は東京電力エナジーパートナーの請求書に対応。4月上旬から電算システム、5月以降はSMBCファイナンスサービス、三菱UFJファクターと、各収納・決済代行企業に順次対応。各社の契約企業・団体の請求書を支払えるようになる。

photo 利用イメージ=ニュースリリースより

 サービスはLINEアプリ内の「LINE Pay」から利用できるが、LINE Payアカウントを開設し、事前に請求額以上の残額をチャージしておく必要がある。今後、支払い時に「LINEポイント」も利用できるようにする予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集