ニュース
» 2018年03月09日 16時01分 公開

絶景スポット・ナイトプールなどに:「インスタ映え」意識する30〜40代が増加 20代よりも出費

20代よりも30〜40代のほうが、「インスタ映え」のためにお金を使う人が多いようだ――SMBCコンシューマーファイナンス調べ。

[ITmedia]

 20代よりも30〜40代のほうが、「インスタ映え」する写真を撮るためにお金を使う人が多い――SMBCコンシューマーファイナンスの調査でこんな結果が出た。

photo 20代よりも30〜40代のほうが、「インスタ映え」のためにお金を使う人が多い(=画像はイメージです)

 調査によると、「SNSにアップする写真・動画を撮影するためにお金を使ったことがある」と答えた人の割合は30〜40代の58.4%を占め、20代の33.0%を上回った。「Instagram」などのSNSは若者を中心に人気を集めているが、上の世代の方が投稿の質にこだわるようだ。

photo 年代別の「インスタ映え消費」する人の割合(=SMBCコンシューマーファイナンス調べ)

旅行、料理、レジャーが人気

 30〜40代の“インスタ映え消費”の内訳は、絶景スポットの撮影など「旅行・観光」が55.0%でトップ。2位は、自作弁当や調理家電など「料理」(13.9%)。3位はナイトプール・アウトドアなど「レジャー」(13.4%)という結果だった。

 チーズタッカルビやロールアイスなど「フード・スイーツ」は12.5%で4位。以下、ラテアートなど「カフェ」(12.2%)、メイクや洋服など「ファッション」(11.6%)――と続いた。

photo 30〜40代の「インスタ映え消費」の内訳(=SMBCコンシューマーファイナンス調べ)

 一方、20代の消費の内訳は「旅行・観光」(65.8%)、「レジャー」(34.2%)、「カフェ」(28.5%)、「ファッション」(25.8%)――の順に多かった。

 SMBCコンシューマーファイナンスは「30〜40代の男性はアクションカムやトイカメラなど、カメラ関係への出費がみられた。インスタ映え消費のために、カメラを新調する人が多いのかもしれない」と傾向を分析。「20代では女性の消費行動が比較的活発で、カフェやファッションなどにお金を使っていた」とみている。

 調査では、2018年1月10〜15日に30〜40代の男女、17年10月2〜5日に20代の男女に意見を聞いた。インターネット上で実施し、それぞれ1000サンプルずつの回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -