ニュース
» 2018年03月19日 20時40分 公開

「FeBe」リニューアル:オトバンクが「オーディオブック聞き放題」を始めるワケ

オトバンクがオーディオブックサービス「FeBe」をリニューアル。サービス名を「audiobook.jp」に変更し、月額750円の聞き放題モデルを新たに始める。その理由とは。

[ITmedia]

 オーディオブックの制作・配信を行うオトバンクは3月19日、オーディオブック配信サービス「FeBe(フィービー)」をリニューアルし、「audiobook.jp」としてスタートすると発表した。単品購入に加え、月額750円でオーディオブックを聞き放題にできるサブスクリプションモデルを新たに始める。

オトバンクが「FeBe」をリニューアル

 オーディオブックとは、書籍などを朗読したものを録音した音声コンテンツのこと。「FeBe」は2007年にスタートし、17年には登録者数が30万人を突破と急成長を果たしているオーディオブックサービスだ。ユーザー属性は普及とともに変化しており、30〜40代の男性が多かったところ、現在は新規登録者の男女比がほぼ同率になってきているという。

 オトバンクによると「スマートスピーカーの展開も広がっており、今後社会的にも音声コンテンツの需要拡大がさらに進んでいくと予想される」とし、需要拡大に向けてシンプルな名称「audiobook.jp」にサービス名を変更したという。

 リニューアルとともに新たに追加された聞き放題プランは、オーディオブック全2万3000点のうち1万点が対象。ビジネス書、小説、落語などのほか、今後は「日本経済新聞」の主要なニュースを音声で聞ける「聴く日経」も対象に追加する予定だ。

 なぜサブスクリプションモデルを始めたのか。同社の久保田裕也社長は「オーディオブックは『実際に試してみないと良さがなかなか分からない』ことが課題になっていた。ユーザーが増えてきたタイミングでオーディオブックを気軽に試してもらえるよう、サブスクリプションモデルを追加した」と説明する。個別購入の場合、明確な目標を持って決まった作品を購入するが、聞き放題ならば動機が固まっていなくても“お試し”で聞ける――というわけだ。

 久保田社長は「オーディオブックが当たり前の存在になるくらい利用者を増やしていきたい」と意気込む。リニューアルを弾みに、オーディオブック人口の拡大を狙う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集