ニュース
» 2018年03月20日 06時00分 公開

解答例の公表に是非:キャンパスに「問題を信じるな」の看板も 人生狂わす入試ミス、大学の対応は (1/4)

大学は入試問題の正解・解答例を、どこまで明らかにすべきなのか−。京都大や大阪大で起きた出題ミスをきっかけに、公表の是非をめぐる議論が起きている。

[産経新聞]
産経新聞

 大学は入試問題の正解・解答例を、どこまで明らかにすべきなのか−。京都大や大阪大で起きた出題ミスをきっかけに、公表の是非をめぐる議論が起きている。公表すれば、早い段階で誤った採点などを防ぐことができるとの意見もあり、文部科学省は今後、正解や解答例の公開ルールを定める方針を示す。すでに阪大はミスを機に、解答例のホームページ上での公表に一転して舵を切った。一方、「解答に至る考えを重視したい」との理由で、非公表の立場を取る京大や東京大などの大学もあり「公表は混乱をもたらす」と指摘する関係者もいる。「1点」が、受験生の運命を左右する結果につながりかねないだけに、各大学は慎重な判断を求められている。

photo 京大の文化と言われる立て看板の脇を足早に試験会場へと急ぐ受験生ら。「(問題を)信じるな」と書かれている=京都市左京区の京都大

疑問集めた京大の姿勢

 「(問題を)信じるな。疑え」

 2月25日、2次試験が行われた京大の吉田キャンパス(京都市左京区)には、学生らが作製したとみられる立て看板に交じり、出題ミスをこう皮肉る看板が登場した。この日、吉田キャンパスを訪れたある受験生は緊張した様子でこうつぶやいた。「ミスで人生が変わることもある。今日は力を出し切りたい」

 京大の出題ミスは、昨年2月に約4千人が受験した物理の問題であった。京大によると、音波について問う選択式の設問の中で、条件設定が不十分だったことが分かり、2つの解答から正答が選べなくなっていたという。合否判定をやり直した結果、本来は合格点に達していた17人を、誤って不合格としていたことが判明。京大は対象者を追加合格とした。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集