ニュース
» 2018年03月22日 13時58分 公開

「プレミアムクラス」新設:あの高級車も気軽に? トヨタ、レンタカーにレクサス追加

トヨタがレンタカーサービスの対象に高級車ブランド「レクサス」を追加する。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は3月22日、レンタカーサービスの対象に高級車ブランド「レクサス」を追加すると発表した。フラッグシップセダン「LS」などを用意し、様々なニーズに対応する。

photo SUV「レクサスNX」の最新モデル

 レンタカーサービスに「プレミアムクラス」を追加し、トヨタレンタリース店で提供する。東京を中心に一部地域から対応し、順次全国に広げる。

 用意するのは、レクサスのセダン「LS」「GS」「IS」、ハッチバック「CT」、SUV(スポーツタイプ多目的車)「RX」「NX」。それぞれ最新車種とモデルチェンジ前の車種を用意。モデルチェンジ前の車種は割安にした。

photo ほぼ1000万円オーバーのフラッグシップセダン「LS」もレンタカーなら乗れる?

 料金は6時間、12時間などで設定。具体的な料金(税込)は、「LS」で6時間までの場合、最新車種は4万1040円、旧車種は3万5920円。「RX」は6時間までの場合、最新車種で3万240円、旧車種は2万2140円。

 車の「所有」から「利用」へのニーズの変化もあり、レンタカー市場全体の保有台数は2013年末の約61万台から17年末には約80万台に増加。そのうちプレミアムカーは約5000台から約9000台へと伸びた。こうしたニーズに対応するほか、レクサス車を体験する機会の拡大にもつなげる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -