ニュース
» 2018年03月26日 06時00分 公開

「認知度9割、実施率1割」:「オワコン」のプレ金 もはや“ディスりネタ”で継続か!? (1/4)

月末の金曜日に仕事を早めに切り上げて、消費喚起と働き方改革推進を目指す「プレミアムフライデー(プレ金)」。もはや「オワコン(終わったコンテンツ)」との指摘が相次ぐ中でも、継続する方針だが、打開に向けた次の一手は一向にみえてこない。

[産経新聞]
産経新聞

 月末の金曜日に仕事を早めに切り上げて、消費喚起と働き方改革推進を目指す「プレミアムフライデー(プレ金)」。政府、経済産業省と経団連が中心となって、昨年2月に、鳴り物入りでスタートした。認知度は数カ月で9割を超え、昨年末には「ユーキャン新語・流行語大賞(現代用語の基礎知識選)」のトップ10にも選ばれた。その一方、プレ金を体験した人は働く人の約1割に過ぎないなど、効果や定着、実現性を疑問視する意見が大勢を占める。もはや「オワコン(終わったコンテンツ)」との指摘が相次ぐ中でも、継続する方針だが、打開に向けた次の一手は一向にみえてこない。

photo 「プレミアムフライデー」開始1周年を記念したイベントで、テープカットに臨むAKB48の元メンバー渡辺麻友さん(左から2人目)ら=2月23日、東京都港区

 プレ金2年目突入を記念したイベントが2月最終金曜の23日、国立新美術館(東京都港区)で開かれた。アイドルグループAKB48の元メンバーでタレントの渡辺麻友さん(23)らが参加したほか、企業経営者らがパネルディスカッションした。

 主催者側はプレ金の一層の普及をアピールしたが、実は、イベントで最も盛り上がったのは、プレ金の「ディスりネタ」だった。「ディスる」は英語で否定を意味する接頭語「dis」が語源で、けなしたり否定したりする意味の造語だ。

 パネルディスカッションの後半、プレ金の販売促進活用事例として、プレ金と「ノンフライ麺」を掛けた日清食品のキャンペーン「プレミアムノンフライデー」が紹介された。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -