ニュース
» 2018年03月26日 06時00分 公開

今夏にサイトで1期生募集:パイロットが圧倒的に足りない! ピーチ、自前での養成開始 (1/3)

航空需要の拡大などを受け、パイロット不足が深刻な中、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが国内LCCでは初めて、自社でのパイロットの養成を始める。

[産経新聞]
産経新聞

 航空需要の拡大などをうけ、パイロット不足が深刻な中、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが国内LCCでは初めて、自社でのパイロットの養成を始める。近年、パイロットが足りずに運航ができないケースが見られるなど懸念が広がっており、航空会社や国などがさまざまな対策に乗り出している。(阿部佐知子)

photo 就航6周年を記念してスタッフの制服を一新したピーチ。パイロットの自社養成も発表された=関西国際空港(須谷友郁撮影)

需要に追いつかず

 「パイロットが圧倒的に足りない」−。3月1日に就航6周年を迎えたピーチの森健明副社長は、危機感をにじませた。

 平成24年に関西国際空港を拠点に、福岡、札幌の2路線からスタートした同社。現在は国内外に29路線を就航し、保有機は3機から20機に拡大した。

 需要の高まりとともに成長してきた同社だが、慢性的なパイロット不足に悩まされ、26年5〜10月には、病気による機長の長期欠勤などを理由に、2千便超の減便に至った。

 国内外問わず、他社での経験者や航空大学校などで資格を取得した新卒者の採用などを進めてきたが、さらなる需要増も見込まれるため、資格取得からの自社養成に乗り出すこととなった。今夏ごろにウェブサイトなどを通して1期生の募集を開始。31年度内にパイロットの訓練生として入社を予定する。一般的に、機長までに育成するには10年、コストも1人あたり数億円といわれる。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集