ニュース
» 2018年03月26日 06時00分 公開

韓国でラーメンと言えば……:日本の「ラーメン」韓国人には不評? 「ラミョン」似て非なるもの (1/6)

ラーメンは日本人の大好きなメニューだ。欧米など海外でも人気を集めているが、韓国人の一部は違うようだ。

[産経新聞]
産経新聞

 ラーメンは日本人の大好きなメニューだ。しょうゆやみそ、トンコツ、鶏ガラ、魚介系などのスープや具材で多様なジャンルがあり、日々進化。欧米など海外でも人気を集めている。だが、韓国人の一部は違うようだ。訪日外国人でにぎわう大阪・道頓堀(大阪市中央区)で、急増している韓国人旅行者に尋ねてみると、特にトンコツラーメンに「脂っこい」「臭みがある」などと不満の声が聞かれた。大阪は韓国でもグルメ都市として知られ、旅行者にとって食べ歩きが大きな楽しみだが、韓国のラーメンと日本のラーメンが「似て非なるもの」であることが、背景にありそうだ。(張英壽)

photo 韓国の代表的なインスタントラーメン「辛ラミョン」。激辛だが、あっさりした味が特徴

「もう一度は結構」人生初のトンコツラーメン

 道頓堀は訪日外国人客の一大聖地といえるほど、旅行者でにぎわう。夜になると、夕食を楽しもうと、あちこちの店で長い行列ができる。初春のある夜に訪ねると、普段にもましてにぎわい、聞こえて来る言葉は圧倒的に韓国語が多かった。最近、韓国では日本旅行の人気が高く、日本政府観光局によると、昨年1年間の来日韓国人は前年比40.3%増の714万人。延べ人数だが、単純計算すると韓国人の7人に1人の割合で日本を訪れていることになる。日本の都市の中で「くいだおれ」のまち大阪は、特に食に対する期待が大きい。

 その大阪の繁華街・道頓堀を歩く韓国人旅行者は、日本の食べものをどう感じたのか。直撃してみた。

 「神戸ビーフやたこ焼き、お好み焼き、そば、すしはおいしかったけれども、日本のラーメンは脂っこくて嫌いです。食べたけど、残しました。臭みがあるし、二度と食べません」

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -