ニュース
» 2018年03月26日 15時42分 公開

新品の半額以下:日産、EV「リーフ」に再生バッテリーへの交換サービス

日産はEV「リーフ」の使用済みバッテリーを再生し、有償交換するプログラムを始める。

[ITmedia]

 日産自動車は3月26日、電気自動車(EV)「リーフ」の使用済みバッテリーを再生し、有償交換するプログラムを始めると発表した。使用済みバッテリーを再利用することで、新品との交換に比べ安価に提供する。

photo 17年発売の現行型「リーフ」(バッテリー容量は40kWh)

 2010年に発売した初代(前期型)と同じ容量24キロワット時(kWh)の再生品を30万円で提供する。今後、ラインアップを拡充する。

 新品との交換は、容量24kWhの場合は65万円(30kWhは80万円、40kWhは82万円)。再生品の提供で安価な交換が可能になり、ユーザーに新たな選択肢を提供できるとしている。

photo
photo

 バッテリーの再生は、住友商事との合弁会社「フォーアールエナジー」が担当。福島県浪江町に新設した、EVのバッテリー再生に特化した日本初の工場で行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -