ニュース
» 2018年04月02日 06時00分 公開

MINASE:秋田・羽後町の切削工具メーカーが自社製造する高級腕時計とは (1/2)

「ブランドを知り尽くした人がたどりつく高級腕時計」とも評されるのが「MINASE(ミナセ)」だ。

[産経新聞]
産経新聞

 「ブランドを知り尽くした人がたどりつく高級腕時計」とも評される「MINASE(ミナセ)」。製造工場のある秋田県湯沢市皆瀬の地名を冠している。切削工具メーカーとして創業した協和精工が研磨の技術を生かし、ケースの中に文字盤を入れたケースが入る「ケース・イン・ケース」と、外側に「窓」を設けた独自の立体構造が脚光を浴びた。東京の百貨店など県外での販売高が伸び、羽後町のふるさと納税の取扱品としても人気が高い。

photo 「MINASE(ミナセ)」ブランドの時計。左から「セブンウィンドウズ」、「ホライズン」

 昨秋から海外進出を本格化させており、7つの窓を持つ新作「セブンウィンドウズ」(日本円で約110万円)をドイツのミュンヘンでの展示会に出品。4月から欧州で販売を開始し、同11日にはスイス・ジュネーブの高級腕時計専門店「ラ・メゾン・ド・オロジュリー」で発売記念イベントを開く。「『海外に認められた時計』としてのブランドイメージを高めたい」と鈴木豪社長(46)。

 創業は55年前、鈴木社長の父で現在、同社最高顧問で羽後町出身の耕一氏(74)が集団就職先の東京で、機械部品とドリルなど工具の製造メーカーとして創業した。腕時計のケース製造に参入し、国内の大手メーカーに供給。次第に宝飾品ブランドなど相手先の時計製造(OEM)を手がけるようになり、平成17年に自社ブランド「MINASE」を立ち上げた。

       1|2 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集