ニュース
» 2018年04月11日 17時35分 公開

自動釣銭機付のPOSレジ導入:ローソン、19年2月期は8.8%営業減益計画 デジタル化などの投資継続

ローソンは、19年2月期の連結営業利益が前年比8.8%減の600億円になるとの見通しを発表した。

[ロイター]

[東京 11日 ロイター] - ローソン <2651.T>は11日、2019年2月期の連結営業利益が前年比8.8%減の600億円になるとの見通しを発表した。次世代コンビニ構築に向けたデジタル化や銀行業立ち上げなどの先行投資が続くため、減益予想となっている。

photo 4月11日、ローソン は、2019年2月期の連結営業利益が前年比8.8%減の600億円になるとの見通しを発表した。次世代コンビニ構築に向けたデジタル化や銀行業立ち上げなどの先行投資が続くため、減益予想となっている。写真は都内で昨年12月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト14人の営業利益予測の平均値は686億円となっており、会社計画はこれを下回った。

竹増貞信社長は会見で、19年2月期までの投資効果が見込めるため「20年2月期からは増益基調に転じることができる」と述べた。

19年2月期は、店舗オペレーションの効率化のために3000店舗に食洗機を入れるほか、全店舗に自動釣銭機付の新型POSレジを導入する。自動釣銭機付POSレジの導入により、シニア世代や外国人の採用にも効果が見込めるという。

また、スマホアプリを使ったレジ無人化の実験店舗を4月から東京都内の直営3店舗で開始する。ローソン銀行については、19年2月期中の開業を目指している。

国内コンビニは純増800店舗(前期は881店舗)、既存店売上高は1.0%増(同0.1%減)を見込んでいる。

18年2月期の連結営業収益は同4.1%増の6573億円、営業利益は同10.8%減の658億円となった。営業利益は会社計画の685億円を下回った。

(清水律子)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集