ニュース
» 2018年04月12日 06時00分 公開

捜査員は当初から疑問:将棋ブームに水差す偽装強盗事件 高級駒5000万円被害主張もあっけなく“即詰み” (1/4)

「娘のように大切にしていた駒。悲しい」。今年1月、大阪府八尾市の将棋用品販売店に強盗が押し入り、貴重な駒など5千万円以上が奪われた──と一報があった事件。だが経営者は強盗を偽装していたことが分かり、逮捕された。

[産経新聞]
産経新聞

 藤井聡太六段の快進撃もあって、空前の人気に沸く将棋界。子供向けの教室は活況を呈し、グッズや漫画も話題だ。ただここだけは、その恩恵にあずかれなかったらしい。「娘のように大切にしていた駒。悲しい」。今年1月、大阪府八尾市の将棋用品販売店に強盗が押し入り、貴重な駒など5千万円以上が奪われた−と一報があった。経営者は報道陣の取材に「いい駒ばかりを狙われた」と落胆してみせたが、その2カ月後、強盗を偽装して保険金をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂容疑で逮捕された。実は、派手に荒らされ駒が散乱した現場の様子に、捜査員は当初から疑問を抱いていたという。「駒はそろってこそ、価値があるはずなのに…」。ブームに水を差す事件の顛末(てんまつ)−。

photo 「将棋博物館 二歩」が入るビルに向かう捜査員=1月11日、大阪府八尾市

「歴史的価値がある」

 「盗まれた駒は平均しても160万〜170万円はするだろう。袋のようなものに駒を入れて持って行ったようだ」

 1月11日午後、大阪府八尾市の「将棋博物館 二歩(にふ)」の店舗前。強盗被害に遭ったという経営者の男A(58)は記者の質問に応じていた。

 「一番高いのは明治時代の駒師、牛谷露滴(うしや・ろてき)の作品。東京まで何度も行って540万円で譲ってもらった。これは駒として価値があるというより、史料として価値がある」

 事件直後にしては少し冗舌な気はした。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -