ニュース
» 2018年04月27日 18時04分 公開

世界537万台販売計画:ホンダ、今期営業利益は16%減の見通し 為替想定は1ドル105円

ホンダの19年3月期連結営業利益は前期比16%減の7000億円になる見通しだ。

[ロイター]
photo 4月27日、ホンダは、2019年3月期(今期)の連結営業利益(国際会計基準)が前期比16%減の7000億円になる見通しと発表した。写真はデトロイトで1月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[東京 27日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は27日、2019年3月期(今期)の連結営業利益(国際会計基準)が前期比16%減の7000億円になる見通しと発表した。

トムソン・ロイターが算出したアナリスト21人の予測平均値は8771億円(27日時点)で、会社予想はこれを下回る。

今期の売上高予想は同1.6%増の15兆6000億円、純利益予想は46.2%減の5700億円。想定為替レートは1ドル=105円。

今期の4輪の世界販売は537.5万台(前期は519.9万台)を計画する。地域別では、北米が201.5万台、アジアが222万台、日本が69万台。

同時に発表した18年3月期(前期)の連結決算(国際基準)によると、営業利益は前の期に比べ0.9%減の8335億円、売上高は同9.7%増の15兆3611億円だった。米国の法人税率引き上げの影響により、純利益は前の期に比べ71.8%増の1兆0593億円となった。ホンダは会計基準を16年3月期より米国基準から国際基準に変更しているため、同基準での比較はできないが、数字上では売上高、純利益は過去最高だったという。

(石田仁志)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -