ニュース
» 2018年05月02日 18時06分 公開

通期売上を下方修正:リニューアル後の「黄金の味」は不調? エバラの見解は (1/2)

エバラ食品工業が「リニューアルした『黄金の味』の市場浸透に遅れが生じている」と発表。2018年3月期の通期売上高を下方修正した。エバラの“看板商品”はなぜ伸び悩んだのか。担当者に話を聞いた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 「2017年に大幅リニューアルした『黄金の味』の市場浸透に遅れが生じている」――エバラ食品工業は5月2日、こんな事実を明らかにした。エバラは同日、18年3月期の通期連結業績予想を修正すると発表。物流事業などの好調によって営業利益・最終利益を上方修正した一方、「黄金の味」が足を引っ張った影響で売上高は504億円(前回予想比0.3%減)にとどまる見通しだという。

photo エバラ食品工業の定番商品「黄金の味」(=ニュースリリースより)

風味とラインアップを強化

 「黄金の味」は1978年発売。焼肉のたれの人気ブランドとして定着しているが、エバラは17年に「顧客のライフスタイルやニーズが変化した」として、初となるリニューアルを実施。風味やパッケージ、ラインアップを大幅に刷新し、17年7月に再発売した。

 リニューアルでは原料の3分の1を占めるフルーツピューレの製法を見直し、コクととろみを向上させた。「甘口」「中辛」「辛口」の味付けにも差をつけ、それぞれの特徴を際立たせた。容量も400グラムを廃し、360グラムと480グラムを新たに追加。単身からファミリーまで幅広い層に対応したラインアップをそろえた。

photo 「黄金の味」のリニューアル内容(=ニュースリリースより)

 こうした工夫を凝らしたにもかかわらず、なぜエバラの“看板商品”は伸び悩んだのか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -