ニュース
» 2018年05月09日 14時59分 公開

トランプ政権の元国家経済会議委員長:「世界的に台頭する仮想通貨はビットコインではない」 GS元社長コーン氏が語る

世界的に台頭する仮想通貨が現れるだろうが、それはビットコインではない――米Goldman Sachsの元社長兼COO(最高執行責任者)、ゲイリー・コーン氏は5月8日、米CNBCのインタビューの中で仮想通貨の未来について自身の見解を語った。

[中澤彩奈,ITmedia]

 世界的に台頭する仮想通貨が現れるだろうが、それはビットコインではない――米Goldman Sachsの元社長兼COO(最高執行責任者)、ゲイリー・コーン氏は5月8日、米CNBCのインタビューの中で仮想通貨の未来について自身の見解を語った。

phot 米CNBC公式Webサイト

 コーン氏はGoldman Sachsを経て、ドナルド・トランプ政権では米国家経済会議委員長と経済担当大統領補佐官を務めるも、今年3月に退任している。

 「ビットコインにはあまり期待していないが、ブロックチェーンの技術には期待している」と、コーン氏は言う。

 ビットコインよりシンプルで理解しやすい仮想通貨が現れるとみており、「ブロックチェーンの技術はその仮想通貨にも応用されるとは思うが、それでもその仮想通貨がどのように作られ、どのように移動し、どのように使われるのか――もっと容易に仮想通貨を理解できるようになるだろう」と語った。

 また、マイニングコストとか電気代とかそういうことではなく、仮想通貨を本当に理解した時に世界的な仮想通貨が現れるだろうとした上で、「その際に台頭する仮想通貨はビットコインではない」とした。

phot イメージ

 Goldman Sachsは仮想通貨事業に進出しているウォールストリートの企業の1つだ。先月には元トレーダーのジャスティン・シュミット氏をデジタル資産市場の初の責任者として採用していた。

 コーン氏は「米Goldman Sachsは株主の利益になると思うことはやるべきだ」とも語った。なお、コーン氏は米Goldman Sachsの株は保有していないという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -