ニュース
» 2018年05月15日 06時00分 公開

依存・家族のかたち(1):「母の呪縛」パニック障害、引きこもりの原因に 親子の過度な依存関係に苦しむ子供たち (1/5)

相手に依存し、相手から依存される、そうした家族の関係は、引きこもりなどさまざまな社会問題を生んでいる。そうした「家族のかたち」に焦点を当てる。

[産経新聞]
産経新聞

 相手に依存し、相手から依存される、そうした家族の関係は、引きこもりなどさまざまな社会問題を生んでいる。そうした「家族のかたち」に焦点を当てる。

phot 母のヒステリーは子供のころから娘の西村佳奈さんに向かってきたという=彦野公太朗撮影(写真と本文は関係ありません)

鬼の形相の母に追いかけられ

 「一緒にごはんを食べよう、話し合おう」。母親を無視し、自室に駆け込み、急いでカギをかけた西村佳奈(32)=仮名=だったが、母は猛然と後を追いかけ、ドアを蹴破(けやぶ)って部屋に入り、そう迫った。

 その瞬間、母への負の感情が爆発し、激しい動悸(どうき)を覚え、叫び声を上げていた。初めて経験する過呼吸の発作……。佳奈は後日、医師から「パニック障害」だと告げられた。

 父母は口論が絶えず、佳奈が幼い頃から二人の仲を取り持っていた。優等生の姉、一人息子の弟がいたが、母は必要以上に佳奈を頼ってきた。「自分は家族の潤滑油だ」。佳奈はそれが自らの存在意義だと信じていた。

 パニック障害を起こした後、佳奈は家族との接触を避ける引きこもり生活に陥った。

「共依存」が引きこもりの一因に 40歳までの長期化進む

 自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存し、その人間関係に囚(とら)われている状態を「共依存」という。佳奈と母親は、まさにその状態にあった。

 内閣府の平成27年の調査では、学校や仕事に行かず半年以上、自宅にこもっている15〜39歳の引きこもりは推計54万1千人とされる。期間は7年以上が最も多く34.7%。前回調査(22年)よりも17.8ポイント上昇しており、引きこもりが長期化している現状が浮かぶ。

phot 「引きこもり」は過度な親子の依存関係が一因とされる
       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -