ニュース
» 2018年05月16日 06時00分 公開

有機ELテレビ撤退が……:韓国Samsungの「誤算」 高級TVでソニーやLGに後塵 (1/4)

Samsungは有機ELテレビから撤退し、先端的な液晶ディスプレイ開発に集中する道を選んだが、これは高くつく誤算となった。

[ロイター]
photo 5月2日、有機ELテレビから2015年までに撤退した韓国のサムスン電子の決断は、高くつく誤算となったようだ。写真は2016年、米ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で展示された同社製SUHDテレビ(2018年 ロイター/Steve Marcus)

[ソウル 2日 ロイター] - 2013年開催された米ラスベガスでのコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で、韓国サムスン電子<005930.KS>の新製品として展示され、脚光を浴びたのは、クレジットカード程度の薄さしかないスクリーンが売り物の有機EL(OLED)テレビだった。

55インチ型の小売価格は当時約1万ドル(約109万円)。サムスンは同年、大金を投じて超富裕層向けに有機ELテレビの売り込みを行った。販促イベントとして、世界的超高級マンション、ロンドンのワン・ハイド・パークで住民限定のペントハウス・パーティも行われた。

だが、2015年までに、サムスン電子は有機ELテレビから撤退。電流に反応して発光する有機化合物のモジュールで構成された薄いフィルムをベースとする有機EL技術はコストが高く、受け入れる市場環境がまだ整っていない、というのが撤退の理由だった。

代わりに、サムスン電子は、バックライト付きで、「量子ドット」と呼ばれる半導体ナノ結晶を使って色を生成し画質を改善する、先端的な液晶ディスプレイ(LCD)の開発に集中することを決めた。「QLEDテレビ」と呼ばれている技術だ。

これは高くつく誤算となった。

有機ELテレビはその後、製造コストが急激に低下する中で、サイズが55インチ以上で価格2500ドル以上の高級テレビ市場における主役の座に躍り出ている。

有機ELディスプレイを製造していない主要TVメーカーは、もはやサムスン電子だけだ。同社利益のうちTV事業が占める比率は3%未満であり、大きく稼いでいるのは半導体と携帯電話の事業部門だ。

とはいえ、利ざやの大きい高級テレビ市場で主導権を失ったことはサムスンにとって大きな痛手となる。

有機ELテレビの製造中止が犠牲の大きい失敗だったかどうか、またその決断を下したのは誰かという点について、サムスンはコメントしなかった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -