ニュース
» 2018年06月06日 14時24分 公開

約40年ぶりフルモデルチェンジ:メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」国内発表 (1/3)

メルセデス・ベンツ日本が「Gクラス」の新型を国内発表した。

[ITmedia]

 メルセデス・ベンツ日本は6月6日、SUV(スポーツタイプ多目的車)「Gクラス」の新型を国内発表した。軍用車をベースにした頑強なオフロード4WD車を1979年以来、39年ぶりにフルモデルチェンジする。

photo 新型Gクラス

 価格(税込)は「G550」が1562万円、「AMG G 63」が2035万円。8月下旬以降の納車を予定している。

 新設計のラダーフレームと、メルセデスAMGと共同開発した専用サスペンションなどでオフロード性能を向上。剛性の向上によりノイズや振動も減り、快適さが増しているという。

 エクステリアデザインは先代を踏襲。飛び出しているウィンカーや、ドアを閉じる際の「ガチャリ」という独特な音なども引き継いだ。

 全長は4817ミリ(前モデル比で+53ミリ)、全幅は1931ミリ(同+64ミリ)とボディーサイズを拡大し、存在感を高めるとともに室内空間も広げ、後席の居住性が大幅に向上した。

 4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンは422PS、610Nmを発揮(G550)。気筒休止システムを採用しており、9速AT(9G-TRONIC)と組み合わせることで燃費を向上させている。

 「AMG G 63」は585PS、850Nmを発揮する高性能モデル。強化ブレーキやスポーツサスペンションを採用している。

 「多様な要望に応えるため」として、従来のGクラスも継続販売する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -