ニュース
» 2018年06月20日 06時00分 公開

インテリアの邪魔しない:虫嫌いの女性でもOK? イメージチェンジする「虫ケア用品」 優しくソフトに進化 (1/3)

見るだけでゾッとするゴキブリ、いつの間にか肌を刺す蚊−。こんな害虫の退治に欠かせない殺虫剤が、次々にイメージチェンジを図っている。

[産経新聞]
産経新聞

 見るだけでゾッとするゴキブリ、いつの間にか肌を刺す蚊−。こんな害虫の退治に欠かせない殺虫剤が、次々にイメージチェンジを図っている。呼び方や商品デザインを変えることで、虫や殺虫剤自体に抵抗感のある女性や若い世代のニーズも取り込む戦略だ。また、虫除け剤は子供の肌にも優しい処方に進化。感染症の予防意識の向上とも相まって関心が高まっている。(加藤聖子)

photo 購入後にフィルムをはがすと、シンプルな缶に(大日本除虫菊提供)

有害? 怖い?

 「殺虫剤」改め「虫ケア用品」−昨年10月、商品カテゴリーの呼び方をこう変更したのは「ごきぶりホイホイ」などで知られるアース製薬だ。同社が昨年8月、20〜60代の男女500人に「殺虫剤」のイメージを聞いたところ、「人体に有害」(38.1%)や「使うのが怖い」(15.9%)との回答が目立った。

 同社ブランドマーケティング部の中辻雄司課長補佐は「『虫ケア用品』が浸透することで、安心で人の健康を守るイメージになれば」と期待を込める。

photo 店頭ではゴキブリ退治のスプレーだと一目で分かるデザイン(大日本除虫菊提供)

虫の絵なしで

 インターネット調査会社「インターワイヤード」が昨年7月、全国の3796人に「自宅で困っている害虫」を聞いたところ、1位は蚊(52.8%)、2位はゴキブリ(34.8%)だった。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -