ニュース
» 2018年06月27日 12時31分 公開

全車に通信端末搭載へ:トヨタが「つながる車」本格始動 新カローラ・クラウンで若者開拓

トヨタは新型「クラウン」と「カローラ スポーツ」に通信端末を搭載し、コネクテッドカーサービスを本格展開する。

[ロイター]
photo 6月26日、トヨタ自動車は、主力車のハッチバック「カローラ スポーツ」と高級セダン「クラウン」の新型車を発売した(2018年/ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は26日、主力車のハッチバック「カローラ スポーツ」と高級セダン「クラウン」の新型車を発売した。ユーザーの高齢化が進む2車種の新車に通信端末を搭載し、コネクテッドカー(常時ネットにつながる車)サービスを本格展開する。

対話アプリ「LINE」を車載ナビとつなげ目的地の登録もできるようにするなどし、若者層の需要開拓を狙う。

新型車では、スマートフォンで車両の状態確認やドア開閉などの操作が可能。事故や急病時にオペレーターが警察や消防に取り次ぐサービス、走行車両から集めたデータを解析し故障を予知して運転者に点検入庫を促すサービスなども提供する。コネクテッドカーサービスの利用は3年間まで無料。4年目からは税抜きでクラウンは年1万6000円、カローラは年1万2000円。

友山茂樹副社長は同日の会見で、コネクテッドサービスが「車の商品価値を上げる」と指摘。サービス利用料や車両価格の上乗せが見込めるほか、サービスを利用する企業からのロイヤルティ収入も入ると説明した。設計・品質管理そのものも改善させ、車両トラブルの兆候が早めに分かることですぐに修理できるなどのプラス効果があるとした。同社は2020年までに日米で販売するほぼすべての新車に通信端末を標準搭載する方針。

初代クラウンは同社初の本格的な乗用車として1955年に発売され、今回は15代目。66年誕生のカローラは今回で12代目のシリーズ。セダンやスポーツ車など複数タイプがあり、世界16拠点で生産、150以上の国・地域での世界累計販売は4600万台を超える。両車種ともにトヨタの顔ともいえるロングセラー車だ。

ただ、両車のユーザー平均年齢は60―70歳代に達しており、若返りが急務となっている。今回のカローラでは若者にも人気があるハッチバックタイプを選んだ。

月間販売目標と価格(税込み)は、新型カローラで2300台、213万円台から、新型クラウンで4500台、460万円台から。

トヨタは26日夕、同社の大型ショールーム「メガウェブ」(東京・江東)を東京会場とし、東京を含む全国7会場を中継でつないだイベント「ザ・コネクテッド・デイ」を開催。豊田章男社長と友山副社長が登壇した。東京で約200人、全国で500人以上が公募により集まった。

(白木真紀)

Copyright © Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -