ニュース
» 2018年06月28日 06時00分 公開

ビジネスの裏側:ちょっと1着どう? 上司が買うと部下はタダ「スーツおごりサービス」 (1/3)

「ちょっと一杯」の飲みニケーションはもう古い?。上司がオーダースーツを購入すると、部下の分のスーツ代が無料になる「スーツおごりサービス」が話題を呼んでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 「ちょっと一杯」の飲みニケーションはもう古い?。上司がオーダースーツを購入すると、部下の分のスーツ代が無料になる「スーツおごりサービス」が話題を呼んでいる。パワーハラスメントが社会問題となる中、「上司と部下の距離を縮めてもらいたい」と、大阪が本社のオーダースーツ専門店「ツキムラ」が4月に始めたサービスだ。オーダースーツになじみの薄い若者らの来店を促し、“常連さん”になってもらう狙いもある。(橋本亮)

photo 「スーツおごりサービス」など、ユニークなサービスを打ち出すラガザットの岸伸彦社長(左)と息子の裕亮専務

100件以上の受注

 スーツおごりサービスを利用するには、上司と部下が一緒に来店し、関係を証明できる名刺を提示する必要がある。上司が2万円以上のオーダースーツを注文すれば、部下の分のスーツ代は無料になるが、上司と同じ生地を選ぶことが条件で、部下が複数いる場合、2人目以降は上司が購入したスーツの半額で買える。

 ツキムラを展開するラガゾット(大阪市西区)の岸伸彦社長は「4月19日にサービスを始めてから、口コミなどで広がり、オーダーはすでに100件を超えている」と話す。上司は自分の分のスーツ代を支払うだけで、部下にスーツをプレゼントすることができ、部下はタダでスーツが手に入る。「おねだりした上司と同じ生地のスーツを着ることで仲が深まるうえ、上司の“お墨付き”を得たスーツなので、服装でうるさく言われる心配もない」(岸社長)という利点もある。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -