ニュース
» 2018年07月11日 06時00分 公開

社会保障改革の行方にも影響?:日本医師会の役員選で「推薦なし」副会長当選の“波乱” (1/3)

日本医師会の役員選で、会長・横倉氏の推薦を得た常任理事が、推薦を得られなかった副会長に敗退する波乱が起きた。

[産経新聞]
産経新聞

 「1位当選者・今村聡君(66)=東京都医師会=270票▽2位当選者・中川俊男君(67)=北海道医師会=264票▽3位当選者・松原謙二君(61)=大阪府医師会=214票▽松本純一君(66)=三重県医師会=は174票…」

 6月23日に東京・本駒込の日本医師会館で行われた日本医師会(日医)の役員選挙(任期2年)で、一番の注目は横倉義武会長(73)=福岡県医師会=が4選を決めた会長選ではなく、定数3に現職3人と新人1人の計4人が立候補した副会長選の行方だった。結果は横倉氏の推薦を得た新人で常任理事の松本氏が、推薦を得られなかった副会長の松原氏に敗退。開票結果が会場で読み上げられると、予想外の展開に記者席からはどよめきも起こった。

ALT 日本医師会の役員選を終え、松原謙二氏(左端)ら副会長3人と握手する横倉義武会長(右から2人目)=6月23日、東京・本駒込の日本医師会館(桑原雄尚撮影)

 日医の役員選は、全国の都道県医師会の代議員約370人が副会長や常任理事などポストごとに定数の人数まで候補者を選んで投票する仕組み。伝統的に会長候補が副会長以下の役員候補全員を推薦する「キャビネット制」が採用されており、通常は会長に当選した候補が示した推薦リスト通りに役員も選ばれる。今回も昨年10月から世界医師会長を務め、“一強”とも評される横倉氏が推薦した役員候補全員が当選するとみられていた。

 日医関係者によると、松原氏は今年2月の新専門医制度に関するシンポジウムで問題発言をしたことなどから横倉氏の不興を買い、副会長候補から外された。

 同シンポジウムで松原氏は1970年代に新設された医科大学を、戦時中の医師不足を補うためにつくられた臨時医学専門学校(医専)になぞらえて「質が低い」という趣旨の発言をしたため、各地の医師から反発する声が上がったという。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -