ニュース
» 2018年07月25日 06時00分 公開

無音のポルシェ:“超高級EV”誕生へ ジャガー、ポルシェ「名門」参入で見る目変わるか (1/4)

ジャガーとポルシェというという有力自動車ブランドが相次ぎ、電気自動車(EV)を投入する。

[産経新聞]
産経新聞

 欧州の高級車「ジャガー」(英国)とスポーツカー「ポルシェ」(ドイツ)という有力自動車ブランドが相次ぎ、電気自動車(EV)を投入する。EVをめぐっては、排ガスを出さないという環境性能が注目されてきたが、長い伝統があり世界的にファンの多い“名門”メーカーの参入で、加速性能や乗り心地、静粛(せいしゅく)性などの新しい価値に脚光が当たりそうだ。EVを見る目が大きく変わる契機になるか、注目される。

ALT ジャガー初の電気自動車「I−PACE(アイ・ペイス)」。1回のフル充電で走行できる距離は480キロ

 英ジャガー・ランドローバーは3月、オーストリア第2の都市、グラーツの工場で、同社初のEV「I−PACE(アイ・ペイス)」を公開。直後に開幕したジュネーブモーターショーに出展した。欧州では既に受注が始まっており、年内に納車が本格化する見通しだ。

 5人乗りスポーツ用多目的車(SUV)で、1回のフル充電で480キロを走行できるという。英国での価格は日本円で約870万円から。

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長は6月に東京都内で開催した新車発表会でアイ・ペイスについても言及。「プレミアム自動車メーカーとして初めてEVのSUVを投入する。電動化への転換において、ジャガーは最前線に躍り出る」と強調した。日本では年内に受注、来年前半に納車を始める。日本での販売価格は未定。ホームページで注文の前段階となる購入希望や資料請求を募っており、同社幹部は「反響が大きく、手応えを感じている」と話す。

       1|2|3|4 次のページへ

copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -