調査リポート
» 2018年07月25日 16時25分 公開

東大・京大は何位?:社長の出身大学ランキング、早慶を抑えて「日本大学」がトップ

社長の出身大学を帝国データバンクが調査。最も多かった大学は日本大学だった。2位は慶応義塾大学、3位は早稲田大学だった。

[ITmedia]

 帝国データバンクは7月25日、保有する企業データベースに登録されている、全国の企業で社長を務める27万4570人の出身大学を集計した結果を発表した。トップは日本大学で、2万1148人の社長を輩出していた。

 日大出身の社長のうち創業者は28.9%で、54.4%が同族承継、10.0%が内部昇格で社長に就いていた。

photo 社長の出身大学ランキングの首位は日本大学だった(=同大公式Webサイトより)

 2位は慶應義塾大学(1万903人)。女性社長、40歳以下の若手社長、業歴100年以上の老舗企業の社長を多く輩出していた。3位は早稲田大学(1万283人)だった。

 両大学出身者も就任の経緯は同族承継が半数近く(慶應義塾大学:54.4%、早稲田大学:43.7%)を占めた。

 4位以下は明治大学(8894人)、中央大学(7709人)、法政大学(6333人)、近畿大学(6272人)、東海大学(5747人)、同志社大学(5302人)、関西大学(4182人)――と続き、国公立大学はトップ10にランクインしなかった。

photo 「社長の出身大学ランキング」(=帝国データバンク調べ)

 国公立大学のトップは東京大学で20位(2579人)。京都大学は29位(1820人)だった。帝国データバンクは「国公立大学に比べ、私立大学は学生数が多く、社長数もそれに比例していることが示唆される」とみる。

 ただ、社長の出身大学を年商規模別にみると、「10億円未満」「10億〜50億円未満」では日本大学が最多だったが、「50億〜100億円未満」「100億〜500億円未満」「500億円以上」では慶應義塾大学がトップ。

 東京大学は「100億〜500億円未満」の4位、「500億円以上」の2位にランクインしており、京都大学は「500億円以上」の4位に入っていた。

photo 年商別の「社長の出身大学ランキング」(=帝国データバンク調べ)

 また、分析対象を上場企業に限定すると、上位5社は慶應義塾大学(260人)、東京大学・早稲田大学(ともに172人)、日本大学(81人)、京都大学(79人)――という結果になった。

 帝国データバンクは「年商規模が上がるにつれ、国立上位校がランクインする傾向がみられる」と分析している。

photo 上場企業の「社長の出身大学ランキング」(=帝国データバンク調べ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -