ニュース
» 2018年07月25日 17時21分 公開

セキュリティ向上にも期待:クーポンも指だけで利用可能? KDDIと日立、ブロックチェーンと指静脈認証を活用した実証実験

KDDIと日立製作所は、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と指静脈認証を活用したクーポン決済の実証実験を7月25〜26日、都内で行う。

[中澤彩奈,ITmedia]

 KDDIと日立製作所は、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と指静脈認証を活用したクーポン決済の実証実験を7月25〜26日、都内で行う。

photo 実証実験のシステムイメージ=リリースより

 同サービスでは登録した指を専用端末機にかざすだけで、スマートフォンなどがなくても手ぶらでクーポンを利用できる仕組みだ。KDDIの直営店「au SHINJUKU」とミスタードーナツ高田馬場戸山口ショップで、両社の社員を対象に検証を進める。

 実験では日立が提供する公開型生体認証基盤(PBI)を採用。独自技術によりPBIとブロックチェーンを連携させ、盗難や漏えいのリスクが低い生体情報の特徴データを秘密鍵として電子署名を自動生成するため、利便性に加えセキュリティの向上も期待できるという。

 日立は「ブロックチェーン活用ではデータの改ざんが困難なことに加え、利用履歴などの情報共有を瞬時に行えるというメリットがある」(広報担当者)と、顧客の利便性向上に期待する。

 「本格稼働など今後の予定は決めていないが、同実証実験の結果を踏まえ他のサービスへの応用なども含め多面的に検討していく」(同)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -