Special
» 2018年08月01日 10時00分 公開

社内コミュニケーションも活発化!:大ヒット作『職場の問題地図』の著者が語る、“超実践的”な生産性向上とITツール活用のコツ

仕事の生産性を向上させて、社内コミュニケーションを活発化させるためにはどうしたらよいのだろうか? ベストセラー『職場の問題地図』の著者であり、多くの企業の働き方改革に関わってきた沢渡あまね氏に実践的な進め方を聞いた。

[PR/ITmedia]
PR

 働き方改革と業務効率化の重要性が叫ばれている。特に、生産性を向上させ、社内のコミュニケーションを円滑にするためにITツールを活用するのはポピュラーな手法だ。

 しかし、実際に導入しようとすると社内の抵抗勢力に反対されたり、IT化したはいいがほとんど活用されなかったりという経験を持っている人も多いだろう。

 では、実際にどのような手順で進めれば、ITツールが社内に定着して活用されるようになるのだろうか。ベストセラー『仕事の問題地図』『職場の問題地図』(技術評論社)の著者であり、業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士として、数多くの企業の業務プロセスや社内コミュニケーションの活性化に取り組んできた沢渡あまね氏に話を聞いた。

photo 大ヒットした『職場の問題地図』

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ベネフィット・ワン、ポリコムジャパン株式会社、AvePoint Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2018年9月15日