ニュース
» 2018年08月01日 16時06分 公開

販売コスト増:マツダ、4〜6月期営業利益17%減 通期予想は据え置き

マツダの18年4〜6月期連結決算は、営業利益が前年同期比17.2%減の331億円だった。

[ロイター]
photo 8月1日、マツダが発表した2018年4―6月期連結決算によると、営業利益は前年同期比17.2%減の331億円だった。写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 1日 ロイター] - マツダ<7261.T>が1日発表した2018年4―6月期連結決算によると、営業利益は前年同期比17.2%減の331億円だった。販売費用の増加や米国販売網整備などの先行投資が響いた。19年3月期(今期)の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

トムソン・ロイターが算出したアナリスト7人よる4―6月期の営業利益の予測平均値は251億円で、実績は市場予想を上回った。

営業利益に対し、コスト削減で66億円のプラス効果はあったものの、米国でのインセンティブ(販売奨励金)増加やOEM(相手先ブランド)車の供給減少で60億円、米国の販売網整備に伴う投資などで66億円それぞれ押し下げた。

売上高は同8.9%増の8731億円、純利益は同43.6%減の206億円だった。

世界販売は同7%増の40万3000台と過去最高となった。北米は9%増、日本は19%増、欧州も5%増と好調だった。

今期の連結業績予想は従来通り。営業利益は前期比28.3%減の1050億円となる見通し。アナリスト19人よる営業利益予想の予測平均値は1098億円となっている。

今期の想定為替レートについては、1ドルは109円と期初から2円円安に、1ユーロは130円と8円円高に見直した。

Copyright © Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -