ニュース
» 2018年08月07日 15時06分 公開

全会場は五輪初:五輪で初の顔認証システム、NECが東京で導入

NECは、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。

[ロイター]
photo 8月7日、NECは、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。写真は同システムのデモンストレーション。都内で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - NEC<6701.T>は7日、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。選手やスタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人が会場に入場する際の本人確認で使用する。システムの導入により、なりすまし入場を防止するほか、本人確認時間の大幅短縮をめざす。

事前に登録したIDカードを入場レーンに設置した読み取り機にかざすと、同時にカメラが顔を読み取り認証が完了するため、スムーズな入場が可能となる。

競技会場や選手村、プレスセンターなど全会場の関係者入場レーンに設置する。設置台数は数百台規模にのぼるという。

関係者によると、すべての会場で顔認証システムを導入するのは、五輪で初めて。

(志田義寧)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -