ニュース
» 2018年09月14日 06時00分 公開

10月末までに正式契約:パイオニア、600億円増資も 投資ファンド支援、当面の危機しのぐ (1/2)

経営不振に陥っているパイオニアは12日、香港を本拠とする投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」からスポンサー支援を受けることで基本合意したと発表した。ベアリングを引受先とする500億〜600億円の第三者割当増資を実施する。パイオニアは9月末に訪れる借金返済の期限を守れるかが焦点だったが、投資ファンドからの資金調達により当面の危機をしのぐ。

[SankeiBiz]

 経営不振に陥っているパイオニアは12日、香港を本拠とする投資ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」からスポンサー支援を受けることで基本合意したと発表した。ベアリングを引受先とする500億〜600億円の第三者割当増資を実施する。パイオニアは9月末に訪れる借金返済の期限を守れるかが焦点だったが、投資ファンドからの資金調達により当面の危機をしのぐ。

ALT パイオニア株価

 10月末までに正式契約を結ぶ。12月末までに増資を行い、ベアリングが筆頭株主になる。9月30日からの3カ月以内に臨時株主総会を開いて、第三者割り当ての承認を求める。増資完了後も「パイオニア」ブランドは維持し、株式上場も当面の間は続ける方針だ。

 増資に先立ち、今月18日にベアリングから250億円の融資を受ける。今月下旬に133億円の借入金の返済期限が迫っており、返せるかが最大の懸案だったため、今回の融資分を借り入れの返済に充てる。

 増資の新株発行の規模次第だが、ベアリングは相当数の株式を所有することになる。現在は三菱電機が筆頭株主で、NTTドコモが第2位。増資に伴う株式の希薄化懸念などから、12日の東京株式市場でパイオニア株は前日比12円安の117円まで売り込まれた。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -