ニュース
» 2018年09月14日 15時18分 公開

期待するほどの“通貨”にはならない:「ビットコイン価格は5000ドル程度が適正だ」 著名エコノミストが辛口評価

著名エコノミストのモハメド・エラリアン氏が「ビットコイン価格は5000ドル程度が適正だ」と指摘した。普及はするも、決済手段としては定着しないとみる。

[中澤彩奈,ITmedia]

 「ビットコイン価格は5000ドル程度が適正だ」――。ドイツの大手保険会社Allianzでチーフエコノミックアドバイザーを担当し、米国オバマ政権下でグローバル開発委員会の議長も努めたモハメド・エラリアン氏がYahoo!Finance(米国版)の取材に対して語った。

photo モハメド・エラリアン氏(公式Webサイトより)

 エラリアン氏は「仮想通貨やそれを支える技術は死んでいない。今後さらに普及し、民間・公共セクターの両方に活用されることになる」と、仮想通貨やブロックチェーン(分散型取引台帳)などの技術を高く評価した。

 ただし「仮想通貨は当たり前のものとして定着し、エコシステムの中で重要な役割を果たす存在にはなるが、期待するほどの“通貨”にはならないだろう」とコメント。投資対象として重要な存在になるものの、決済手段としては普及しないとの見方を示した。

 その上で、エラリアン氏はビットコイン価格は5000ドル程度が適正価格だとみる。6月にも「ビットコイン価格は5000ドル程度がちょうど良い」と発言していたが、その時から考えは変わっていないとした。

photo ビットコインチャート=CoinDeskより

 8月下旬ごろは7300ドル台を維持していたビットコイン価格は9月5日に1000ドル以上下落し、一時は6100ドル台まで値を下げていた。現在は6500ドル前後で推移し、持ち直し基調とみられるも、急落前の水準まで回復していない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -