ニュース
» 2018年09月26日 06時00分 公開

eスポーツで金メダリスト:「N高」作った角川ドワンゴ学園がN中等部を設立  創造性や自主性伸ばせるカリキュラム提供 (1/4)

ネットを使った通信制高校「N高等学校(N高)」を運営する角川ドワンゴ学園(沖縄県うるま市)は、中学生を対象にした「N中等部」を2019年4月に開校する。一種のフリースクールで、既存の中学校に在籍しながら通学できていない生徒に来てもらい、創造力を身につけるための実践型授業を行う。eスポーツのアジア競技大会金メダリストや囲碁の女流タイトルホルダー、プログラミング大会の成績優秀者を輩出し、進学でも成果を出しているN高の教育ノウハウも生かし、将来イノベーションを起こせるような若い人材を育成し、送り出していく。

[SankeiBiz]

 ネットを使った通信制高校「N高等学校(N高)」を運営する角川ドワンゴ学園(沖縄県うるま市)は、中学生を対象にした「N中等部」を2019年4月に開校する。一種のフリースクールで、既存の中学校に在籍しながら通学できていない生徒に来てもらい、創造力を身につけるための実践型授業を行う。eスポーツのアジア競技大会金メダリストや囲碁の女流タイトルホルダー、プログラミング大会の成績優秀者を輩出し、進学でも成果を出しているN高の教育ノウハウも生かし、将来イノベーションを起こせるような若い人材を育成し、送り出していく。

ALT 「もっと早く欲しかった」という声に答え中等部を開設

■「もう少し早く」、学園理事の心情

 「もう少し早く、中学から引き受けていたら素晴らしい成果を出せたのでは」。9月13日に東京・六本木のニコファーレで開かれたN中等部の設立発表会で、角川ドワンゴ学園理事で、カドカワ(東京都中央区)社長の川上量生氏は、中等部設立の背景にこうした心情があったことを明らかにした。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -