調査リポート
» 2018年11月28日 12時10分 公開

3年連続で「帝国ホテル」がトップ:宿泊客に聞く、満足度が高いホテルはどこ?

J.D. パワー ジャパンはこのほど、「2018年ホテル宿泊客満足度調査」の結果を発表した。宿泊客に満足度を聞いたところ……。

[ITmedia]

 J.D. パワー ジャパンはこのほど、「2018年ホテル宿泊客満足度調査」の結果を発表した。「予約」「チェックイン/チェックアウト」「客室」「料飲(F&B)」「ホテルサービス」「ホテル施設」「料金」の7つの項目を設定したほか、正規宿泊料金などによりホテルブランドを4つの部門に分けて調査を行っている。

 1泊3万5000円以上のホテルを見ると、1位は3年連続で「帝国ホテル」。「客室」「チェックイン/チェックアウト」「料飲」「料金」「ホテルサービス」でトップ評価を得た。2位は「星のや」、3位は「ザ・リッツ・カールトン」という結果に。

宿泊度満足度ランキング(1泊3万5000円以上部門、出典:J.D. パワー ジャパン)

 1泊1万5000円〜3万5000円未満で見ると、「ホテル アソシア」がトップ。次いで「ヒルトン」「三井ガーデンホテル」。1泊9000円〜1万5000円未満では、「リッチモンドホテル」「ベッセルホテル/ベッセルイン」「JR九州ホテル」の順で、1泊9000円未満では「スーパーホテル」「アークホテル」「ホテル 法華クラブ」が上位に並んだ。

宿泊度満足度ランキング(1泊9000円未満部門、出典:J.D. パワー ジャパン)

 1泊3万5000円以上のホテルについて、2010年に行った調査では「『客室』の品質が宿泊客満足度に大きなインパクトを与えていたが、18年には『料飲』の品質が『客室』を上回るインパクトを持つようになった」(J.D. パワー ジャパン)とし、ホテルが提供するさまざまなサービスを利用する宿泊客が増えていることがうかがえた。

 また、1泊3万5000円未満のホテルでも、宿泊客の期待が宿泊だけでなく、ホテル内で受けられるサービスに注目が集まっていることが明らかに。こうした結果について、J.D. パワー ジャパンは「ホテル宿泊客の利用スタイルは、単なる宿泊から、滞在中の体験を楽しむことへとシフトしている」と分析した。

 インターネットを使った調査で、直近1年間で宿泊施設を利用した18歳以上の男女が回答した。調査時期は8月。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -