2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース

車掌を3人から2人体制に:

JR東海「働き方改革」は東海道新幹線の車内で (1/3)

JR東海が、平成30年3月に東海道新幹線の乗務体制を大幅に見直すと発表した。「のぞみ」「ひかり」「こだま」の各列車で、出発から終点まで通しで乗り組む車掌を3人体制から2人体制に減らすのが主な内容だ。

[PC用表示]
産経新聞

 JR東海が、平成30年3月に東海道新幹線の乗務体制を大幅に見直すと発表した。「のぞみ」「ひかり」「こだま」の各列車で、出発から終点まで通しで乗り組む車掌を3人体制から2人体制に減らすのが主な内容。同社が28年に踏み切った「指定席の検札廃止」は、この施策に向けた布石だった。一方で、業務が集中する区間に限り乗務する「巡回担当車掌」を新たに設ける。柘植康英社長は「『社員の多様な働き方』を実現する改革」だと自負するが……。

「検札廃止」当初の狙い

 指定席の検札廃止はJR東日本や西日本が2000年代に先行。東海は遅れて平成28年3月に踏み切った。

 当初、その狙いは「検札業務を軽減して車掌の車内巡回を強化し、セキュリティ向上につなげる」こととされた。乗客1人が巻き添えで命を落とした車内焼身自殺事件(2015年6月)が発生し、パリ同時多発テロ事件(同11月)をはじめとするソフトターゲットを狙ったテロへの対策強化も急務となっていたからだ。

 加えて「乗客のくつろぎ向上」「限られた指定席の効率的な活用」「収益アップ」といった効果も見込める“一石四鳥”の施策とも指摘された。


都内を走る東海道新幹線=2014年10月1日
       | 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

ページトップに戻る