2015年7月27日以前の記事
検索
連載
“いま”が分かるビジネス塾:

加速する「電気飛行機」開発 空の移動はこう変わる (1/3)

電気飛行機に関するプロジェクトが相次いで立ち上がっている。電気飛行機はコストが安く騒音がほとんどないという画期的な特徴を持っており、実用化が進めば空のタクシー化を一気に促すことになる。ウーバーのような予約システムが、タクシーだけでなくエアラインともシームレスにつながる可能性が高まってきた。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 2017年9月、英国の格安航空会社であるEasyjet(イージージェット)が、10年以内に電気旅客機を運航する計画を明らかにした。

 電気飛行機の開発を行う米国のベンチャー企業Wright Electric(ライト・エレクトリック)と組み、短距離路線向け電気旅客機を開発する。米Boeing(ボーイング)や米航空宇宙局(NASA)出身者が設立した企業で、既に小型機を試作しているという(飛行機の分類方法としては「電動飛行機」の方が適切に思えるが「電気飛行機」との記述が大半なので、本稿もそれにならった)。

 航空機メーカーも動き出している。ボーイングは、ライト・エレクトリックと同様の航空機ベンチャーであるZunum Aero(ズーナムエアロ)に出資しており、短距離用の電気旅客機の開発を支援しているほか、仏Airbus(エアバス)も開発を進めている。

 9月にスイスで行われた航空ショーでは、独Siemens(シーメンス)が電動小型プロペラ機のデモ飛行を行い観客を沸かせた。ちなみにシーメンスはエアバスと共同で、モーターと従来のエンジンを組み合わせたハイブリット推進システムを開発する方針を明らかにしている。

photo 電気旅客機を運航する計画を明らかにしたEasyjet

 電気飛行機のアイデアは昔から存在したが、電気自動車(EV)と同様、バッテリー容量の問題があり、なかなか実用されなかった。だが、ここ数年でバッテリーの技術が格段に進歩したことから、現実的な運用が視野に入り始めたのだ。模型飛行機の分野ではかなり前からモーター駆動が普及しており、いずれ実機の世界も電動化されるとの予想は多かったが、ここに来て、実機のプロジェクトが盛り上がっているのは、やはり全世界的なEVシフトと無関係ではないだろう。

 電気飛行機の最大のウリは、二酸化炭素などを排出しないことだが、航空機によるエネルギー消費は、全体の割合からするとそれほど多くない。例えば日本の石油消費量のうちジェット燃料が占める割合はわずか3%である。地球環境全体の話からすると自動車のガソリン消費の方が圧倒的に多く、飛行機の電動化がそれほど大きな効果をもたらすわけではない。

 だが飛行機の電動化には別な意味での潜在力がある。それは低騒音とメンテナンスの容易さである。現実にはこの2つの要素が航空業界に決定的な変化をもたらすことになる。

       | 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る