特集
2004/03/25 18:00 更新


特集:第3回 JBossのインストールから基本的な使い方まで (3/8)


実用的なバックグラウンドでの起動と停止方法

 もしフォアグラウンドではなく、バックグラウンドで実行したければ、次のようにする。

# /bin/sh run.sh &


バックグラウンドで実行しても、画面には情報メッセージが表示される。実稼働させる場合には、標準出力を適当なファイルにリダイレクトし、ログとして扱うとよいだろう。バックグラウンド状態で実行した場合には、次のようにshutdown.shを使うとJBossを停止できる。

# /bin/sh shutdown.sh -S

コラム■3種類の環境
JBossには、「all」「default」「minimal」の3つの実行環境が用意されている。これらの実行環境は、serverサブディレクトリ下にあり、切り替えて利用することができる。 run.shに何も引数を指定しなかった場合には、標準的な環境defaultの設定で起動する。それに対し「-c」オプションを指定すると、allやminimalの設定で稼働できる。

# /bin/sh run.sh -c minimal

allはサンプルなども含めてすべてを動作させるもの、minimalは最小限のものしか含まない動作だ。たとえば、本文中で説明しているJMXコンソールは、minimal環境では存在しない。 環境は、serverサブディレクトリの下に適当なディレクトリをコピーすることで、別の設定を増やすこともできる。たとえば、本番環境ではJMXコンソールをインターネット側から利用できてしまうとセキュリティの問題となるので、minimalディレクトリをコピーして新たな環境を作り、それをカスタマイズした環境で実行するように整えていくことになるだろう。

 実際にセッションBeanをコンパイルし、JBossに配備してみよう。

JBossにEnterprise Beanを配備する−ソースファイルのコンパイル

 まずは、セッションBeanをコンパイルする。Enterprise Beanのコンパイルには、J2EEを構成するクラスファイルをクラスパスに設定する必要がある。JBossには、server/default/libにjboss-j2ee.jarというファイルとしてJ2EEを構成するクラスファイルが存在するので、これをクラスパスとして設定し、コンパイルすればよい。


J2EE SDKがインストールされているならば、jboss-j2ee.jarではなく、J2EE SDKに含まれるj2ee.jarファイルをクラスパスに設定してもよい。

javac -classpath /usr/local/jboss/server/default/lib/jboss-j2ee.jar SampleBean.java Sample.java SampleHome.java

 すると、SampleBean.class、Sample.class、SampleHome.classという3つのファイルができるはずだ。

前のページ | 1 2 3 4 5 6 7 8 | 次のページ

[大澤文孝,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -