ニュース
» 2004年08月04日 18時43分 UPDATE

日本HP、大規模ビジュアライゼーション・ソリューションの強化を発表

日本HPは、HP-UXベースのビジュアライゼーション・クラスタ製品「HP Visualization Center sv7」を9月上旬から販売する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は8月4日、ワークステーションを活用したビジュアライゼーション・ソリューションを強化するため、HP-UXベースのビジュアライゼーション・クラスタ製品「HP Visualization Center sv7」を9月上旬から販売すると発表した。

 HP Visualization Center sv7は、従来製品と比較して理論値で描画速度、イメージクオリティ共にそれぞれ最大約8倍に向上したという。価格は最小構成で2289万円(税込み)から。

 また同社は、日商エレクトロニクスとのビジュアライゼーション分野におけるパートナーシップを強化すると発表した。日商エレクトロニクスでは、同社が扱うORADの技術とHP製のWindows/Linuxベースワークステーションを組み合わせ、ビジュアライゼーション・ソリューション「ORAD DVGシステム」を提供するほか、HP Visualization Center sv7の共同販売も実施する計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -