ニュース
» 2004年12月01日 00時15分 UPDATE

スパークスシステムズ、「Eclipse」とUMLモデリングツールを連携できるアドイン製品を販売

スパークスシステムズジャパンは、「Eclipse」とUMLモデリングツール「Enterprise Architect 4.5」を連携するためのアドイン製品「MDGLink for Eclipse」を販売開始した。

[ITmedia]

 スパークスシステムズジャパンは11月30日、統合開発環境「Eclipse」とUMLモデリングツール「Enterprise Architect 4.5」を連携するためのアドイン製品「MDGLink for Eclipse」を販売開始したと発表した。

 MDGLink for Eclipseを利用することで、UMLモデルにあるクラスからJavaソースコードを生成し、Eclipseのプロジェクトに反映可能なほか、UMLモデル内のクラスや、クラスに定義されたメソッドなどから、直接Eclipseのソースコード内の該当場所を簡単に表示できるという。また、Eclipse側で編集されたJavaクラスも、UMLモデルに反映可能としている。

 価格は1ライセンスあたり1万1445円(税込み)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ