ニュース
» 2005年02月07日 17時19分 UPDATE

アルファシステムズ、IT教育向けデスクトップ管理ツール「MultiVNC」を公開

アルファシステムズは、IT教育向けデスクトップ管理ツール「MultiVNC」をGPLで公開した。実際の教育現場での事例も出てきている。

[ITmedia]

 アルファシステムズは2月7日、IT教育向けデスクトップ管理ツール「MultiVNC」をGPL(GNU Public License)に基づいたオープンソースソフトウェアとして公開したことを発表した。同ソフトはIPAの公募である「学校教育現場におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての実証実験」で愛知県立東海商業高校が実際に利用している。

 MultiVNCは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の「2004年度上期オープンソースソフトウェア活用基盤整備事業」の一環として、IPAの支援を受けて開発されたソフトウェア。いわゆるVNC(Virtual Network Computing)ソフトウェアで、ネットワーク上の複数のクライアントを、1つのPCで閲覧・操作できる。

 MultiVNCの特徴としては、クライアントの自動検知、最大16画面のクライアント表示(タブの利用でさらに表示可能)、任意の画面を双方向に表示させることなどが可能。実際の利用例が同社のサイトで公開されている。また、DBサーバとの連携による生徒の接続状況の管理、生徒の操作を一時的に操作不能にすることも可能。

 同ソフトと、同社が2004年3月に開始したKNOPPIXを教育機関向けにカスタマイズする法人向けサービス「KNOPPIX カスタマイズサービス」とあわせて、各種教育機関での情報教育により有用な実習型教育環境を容易に提供することが可能となった。なお、MultiVNCを収録したKNOPPIXのISOイメージも近日中に公開予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -