ニュース
» 2005年11月17日 21時50分 UPDATE

ジャスト、xfyと次期DB2「Viper」の連携プラットフォーム開発へ

ジャストシステムは、統合XML開発/実行環境「xfy」を、IBM DB2の次期バージョン「Viper」と組み合わせた「xfy Enterprise Solution plus for DB2 Viper」を開発する計画だ。

[ITmedia]

 ジャストシステムは11月17日、米国で開催されている「XML 2005 Conference & Exposition」において、同社が開発する統合XML開発/実行環境「xfy」を、IBM DB2の次期バージョン「Viper」と組み合わせたプラットフォーム「xfy Enterprise Solution plus for DB2 Viper」を開発する意向を表明した。

 xfy Enterprise Solution plus for DB2 Viperは、同社が前日に発表した法人向けの統合XMLアプリケーション開発/実行環境「xfy Enterprise Solution 1.0」と、Viperと連携を行うための拡張ツール「DB2 Viper Extension kit」から構成されている。DB2と連携し、XMLスキーマやXQueryの結果など既存のXMLリソースを元に、迅速にXMLアプリケーションを作成し、実行することができるという。

 またxfy Enterprise Solution plus for DB2 ViperはすべてJavaで作成され、WindowsやLinux、Macなど、プラットフォームを問わずに動作するという。出荷は、2006年6月にリリースされるxfy Enterprise Solution 1.0の後になる計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -