速報
» 2005年12月14日 08時22分 UPDATE

Oracle、FusionミドルウェアでPeopleSoftアプリを認定

Oracleは、「PeopleSoft Enterprise」をOracle Fusion Middleware 10g Release 2のアプリケーションとして認定した。

[ITmedia]

 米Oracleは12月13日、「PeopleSoft Enterprise」をOracle Fusion Middleware 10g Release 2のアプリケーションとして認定したと発表した。

 これにより、顧客はOracle Fusion Middlewareを使って既存のPeopleSoftアプリケーションを保護・拡張・発展させることが可能になるとOracleは説明。Oracle E-Business SuiteとJD Edwards EnterpriseOneに加えてPeopleSoftアプリケーションが認定されたことは、顧客にとって短期的・長期的なメリットとなり、共通のサービス指向ミドルウェアプラットフォームによってOracleアプリケーション新バージョンへのアップグレードも容易になると述べている。

 PeopleSoft向けのOracle Fusion MiddlewareはCPU当たり6万ドル。ポータル、BPEL、B2Bインテグレーション、シングルサインオンなどの主要コンポーネントが含まれる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -