ニュース
» 2006年05月17日 14時40分 公開

東芝ソリューション、中堅企業向けERPに販売管理パッケージを追加

東芝ソリューションは、中堅企業向けERPの強化に向け販売管理システムパッケージを商品化すると発表した。

[ITmedia]

 東芝ソリューションは5月17日、中堅企業向けERPの強化に向け販売管理システムパッケージを商品化すると発表した。

 中堅企業の基幹業務システムではパッケージ導入が進んでいるものの、企業や業務ごとに性格の異なる管理が求める販売管理の分野は、財務会計や人事給与ソリューションと比較してパッケージ化が進んでいない。過去のシステムを手直ししながら使用しているのが現状で、中堅企業に向けて財務会計や人事給与ソリューションを提供してきた東芝ソリューションにも多くの要望が寄せられていたという。

 商品化するシステムでは、多くの企業に共通する販売管理機能を充実させるのと同時に、業務ごとに性格の異なる管理を実装しやすくするため、共有可能な業務要素を再利用するコンポーネントベースのアーキテクチャーを採用する。これにより、機能の追加、変更を容易にするほか、多品種少量販売などさまざまな商取引形態に短期間で対応できるようにするという。

 同社によると、販売管理システムパッケージは6月から受注を開始し、10月にリリースする予定。また「食品卸業向け業種テンプレート」を手始めに、業種特有の業務部品群からなるテンプレートも取りそろえていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -