ニュース
» 2006年05月25日 18時19分 UPDATE

富士通とCisco、共同ブランド第2弾の「Fujitsu and Cisco XR12400」を発表

富士通と米Cisco Systemsは5月25日、共同ブランドのキャリア向けハイエンドルータの第2弾「Fujitsu and Cisco XR12400」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 富士通と米Cisco Systemsは5月25日、共同ブランドのキャリア向けハイエンドルータ「Fujitsu and Cisco XR12400」シリーズを発表し、同日より販売を開始した。

 両社は2004年12月に、通信事業者向けのハイエンドルータ/スイッチ事業に関して提携を結び、日本の通信事業者向けの機能を盛り込んだ専用OS「Cisco IOS XR」を開発。2005年5月には、Cisco IOS XRを搭載したキャリアコア向けのハイエンドルータ「Fujitsu and Cisco CRS-1」を、共同ブランド製品の第1弾としてリリースしている。

 Fujitsu and Cisco XR12400シリーズはそれに続く製品で、主にキャリアのエッジ側を対象としたもの。シスコシステムズではこれにより、「エッジの部分でもさまざまなサービスの集約が実現可能」とし、ひいては次世代ネットワーク「NGN」(Next Generation Network)の構築をサポートできるとしている。

 Fujitsu and Cisco XR12400シリーズは4モデルから構成されており、スイッチング容量は80Gbpsから320Gbpsという。マルチシェルフシステムを追加すれば、1システム当たり最大2.5Tbpsのスイッチング容量が実現でき、将来的には最大92TBpsまで拡張される計画だ。

 同時にCisco IOS XRの機能も強化された。新たにGMPLS機能をサポートしたほか、1台のルータを仮想的に複数に分割し、装置のスケーラビリティを高める「SDR」(Secure Domain Router)機能が搭載されている。さらに、日本のキャリアからの要望に応える形で、SLA確保を支援するトラフィック状況の分析機能も備えているという。

 Fujitsu and Cisco XR12400シリーズの価格は、4スロットシャーシの場合で844万4000円。2006年10月より出荷を開始する予定だ。また同シリーズは6月7日から9日にかけて幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2006」の会場でも紹介される見込みという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -