ニュース
» 2006年05月30日 20時39分 公開

EMC、新ミッドレンジ・ストレージ投入で市場席捲狙う

EMCジャパンは5月30日、同社のミッドレンジ・ストレージ「CLARiX CX」シリーズの第3世代となる「CLARiX CX3 UltraScale」シリーズの販売を開始した。

[三木泉,@IT]

 EMCジャパンは5月30日、同社のミッドレンジ・ストレージ「CLARiX CX」シリーズの第3世代に当たる「CLARiX CX3 UltraScale」シリーズを販売開始したと発表した。29日には、同製品の共同ブランド版を、販売パートナーであるデルが発表している

シュワルツ氏 ミッドレンジ・システム部門上席副社長兼ジェネラルマネージャー、ジョエル・シュワルツ氏

 米EMCのミッドレンジ・システム部門上席副社長兼ジェネラルマネージャー、ジョエル・シュワルツ(Joel Schwartz)氏は、ミッドレンジ・ストレージ市場において、EMCだけがシェアを大幅に伸ばしてきたことを強調した。

 「IDCの調査によると、2002年第1四半期の時点で当社のシェアは10%未満だったが、2005年第4四半期にはEMCとデルで35%に達した。一方、四十数%のシェアを得ていた当社の最大の競合ベンダーであるHP(ヒューレット・パッカード)は、この間残念ながら25%に下落した。ほかの主要ベンダーのシェアはほとんど変わっていない」

 シュワルツ氏はさらに、IBMとHPのミッドレンジにおける最上位機種と、EMCのストレージ製品のOLTPアプリケーション利用におけるパフォーマンスを比較したグラフを示し、次のように説明した。

比較グラフ OLTPパフォーマンスの比較。縦軸がレスポンスタイム、横軸がトランザクション数/分

 「過去6カ月以内に発表されたIBMとHPの製品より、当社の2年前の最上位製品であるCX 700の方がパフォーマンスは高い。また、当社の最新の中位製品であるCX3-40でも、2社の最新の最上位製品を超えるパフォーマンスを発揮する。最新の最上位製品同士で比較すると、CX3-80は2社よりもはるかに高いパフォーマンスを提供することができる」

 新製品は、「CX3-20」「CX3-40」「CX3-80」の3製品。最大構成ディスクドライブ数はそれぞれ120、240、480個となっている。SAN接続インタフェースは4Gbpsに対応。ディスクドライブ接続についても、4Gbps、2Gbpsのディスクドライブを単一の筐体内に共存させることができる。2Gbpsインタフェースのディスクドライブでは、回転数が低く価格も低いものを利用することができるため、単一の筐体内で階層的ストレージやディスクtoディスク・バックアップの構成が可能。「1ボックスでILMを実現することができる」(シュワルツ氏)。

 EMCジャパンは新製品を、デルやCTC、NECといったパートナーを通じ、中堅企業に売り込んでいきたい考え。現在1けたにとどまっている国内市場におけるシェアを、2けたに伸ばしたいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -