ニュース
» 2006年06月09日 08時14分 UPDATE

Symantec、VeritasソフトをIBMのLinuxに移植

Veritas Cluster Server、Veritas Storage Foundationなどの製品をIBMのLinux向けに移植。IBMはこれら製品をSystem pサーバとともに米国と日本で再販する。

[ITmedia]

 米SymantecとIBMは6月7日、両社の合意に基づきVeritasブランドのストレージ管理やバックアップ製品をPOWERプラットフォーム上でLinux向けに移植すると発表した。年内に提供開始予定。

 移植されるのはVeritas Cluster Server、Veritas Storage Foundation、Veritas Storage Foundation for Oracle RAC、Veritas Volume ReplicatorおよびVeritas NetBackup Enterpriseの各製品。

 これにより、顧客がIBM System pプラットフォーム上でLinuxアプリケーションを統合する一助となると説明している。

 さらにIBMは、Veritas Cluster Server、Veritas Storage Foundationなどの製品を、System pサーバとともに米国と日本で再販する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ