ニュース
» 2006年10月03日 08時50分 UPDATE

マイクロソフトがVisio 2003用内部統制文書テンプレートを公開、カスタマイズも可能

マイクロソフトは、Visio 2003向けの「汎用版Visio内部統制テンプレート」およびソースコードの無償提供を開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは10月2日、「Microsoft Office Visio 2003」上で動作する業務プロセスの文書化支援テンプレート「汎用版Visio内部統制テンプレート」およびソースコードの無償提供を開始した。同社Webサイトから入手可能だ。

 汎用版Visio内部統制テンプレートは、業務フロー図やコントロールマトリックス、業務記述書といった内部統制の実現に必要な文書の作成を支援するテンプレート。6月に公開した「Visio 内部統制テンプレートVer1.1」を元に、顧客などからの意見を加え、マイスターの協力を受けて開発したものだ。

 新たな機能として、コントロールマトリックスへの出力項目や名称、並び順といった出力フォーマットをカスタマイズできるようになったほか、内部統制専用のシェイプが追加されている。

 さらに、ソースコードを無償で公開することにより、顧客やパートナーがカスタマイズを加え、独自のリスクコントロールマトリックスのフォーマットを設定するといったことも可能という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ