ニュース
» 2006年10月10日 17時17分 UPDATE

Oracle、Sunopsis買収でデータインテグレーションを統合へ

米OracleはSunopsisの買収により、Sunopsisのデータインテグレーション技術をOracle Fusion Middleware製品ファミリーに統合し、同社のソリューションの一部としていく計画だ。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 Oracleは10月9日、Sunopsisの買収を発表した。Sunopsisは、マサチューセッツ州バーリントンに本社を置くデータインテグレーションソフトウェアのベンダー。

 カリフォルニア州レッドウッドショアーズに本拠を構えるOracleは、「Sunopsisのデータインテグレーション製品を、自社のFusion Middleware製品に統合する予定だ」と発表文で述べている。Sunopsisのインテグレーション技術は、Oracleおよび非Oracleの両方のデータソースをサポートするという。

 Sunopsisは、自社の「Extract Load Transform(ELT)」アーキテクチャを通じてデータインテグレーション技術を提供している。同社では、各種のデータソースおよびターゲットシステム開発を行っている。

 Oracleのサーバ技術部門のトーマス・クリアン上級副社長は今回の発表で、「Sunopsisの高性能データインテグレーション技術をOracle Fusion Middleware製品ファミリーに統合し、この技術をOracleのSOA(サービス指向アーキテクチャ)、BI(ビジネスインテリジェンス)およびMDM(マスターデータ管理)ソリューションの一部とする計画だ」と語った。

 なお、今回の買収の金銭的条件は明らかにされていない。

 Oracleは8月23日に、Sigma Dynamicsの知的財産を買収している(関連記事)。この買収もOracleのFusion製品を強化するのが目的だと見られている。Sigmaのアプリケーションは、Fusion MiddlewareおよびFusion Applicationsと同じアプローチを採用しているからだ。

 またOracleは9月27日、自社の組み込み型データベース「Berkeley DB」のアップデート版をリリースした。同データベースのメーカーであるSleepycatは、Oracleが2月14日に買収した。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ