ニュース
» 2007年03月06日 11時30分 公開

MS、Lotus Notes/Dominoからの移行ツールをアップデート

NotesメールからExchangeへの移行を支援する新ツール「Transporter Suite」は、データの抽出/変換/ロード(ETL)機能を提供する汎用プラットフォームとしても利用できる。

[Paul DeGroot,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftが提供する新ツール「Transporter Suite」は、IBMのLotus DominoからMicrosoftのExchange Server 2007、SharePoint Server 2007、Windows SharePoint Servicesへの移行を支援するためのものだ。このツールはコマンドラインインタフェースとグラフィカルインタフェースの両方を備え、パートナーや顧客は同ツールを拡張して、ETL(Extract, Transform, Load:データの抽出、変換、ロード)機能を提供する汎用プラットフォームとしても使用できる。

Lotus Notes/Dominoとの競争

 Lotus Dominoは、構造化データ/非構造化データ(電子メールや文書など)のデータベースのほか、ユーザーやアプリケーションを接続するためのメッセージングハブ、あるいは開発環境など、複数の役割をこなす複雑なデータベース/ワークフローサーバ製品だ。Lotus Dominoには、SQL ServerやExchange、SharePoint Serverなど各種のMicrosoft製品で提供されているさまざまな機能が統合されている。一方、Lotus NotesはDominoに対応するデスクトップクライアントだ。メールのほか、Dominoアプリケーション、ディスカッション、ワークフロープロセスなどへのアクセスに用いられる。

 Dominoの前身であるNotes Serverでは、エンタープライズコラボレーションやメールなどの機能がMicrosoftに先んじて提供されたが、今のところ、Dominoはメール市場でExchangeに後塵を拝している。ただし、どちらの製品も依然として成長を続けており、競争は熾烈だ。例えば2006年には、IBMが「MicrosoftからLotusに移行した顧客に対して最大2万ドルをキャッシュバックする」というキャンペーンを展開、MicrosoftもDomino/Notesアプリケーションから自社製品への移行を支援するツールを更新している。

 両社とも、2007年に製品のアップグレードを予定している。Microsoftはこれまで、Domino/Notes環境をMicrosoft環境に移行させ、両システム間の共存を管理するためのソリューションとして、複数のツールを個別に提供してきたが、今回、新ツールのTransporter Suiteでは、そうしたツール群の各種の機能が1つに統合されている。

提供される移行と共存の機能

 Microsoftがこれまで提供してきた移行ツールは大概、個々の製品間の移行を支援するためのものだったが、今回、MicrosoftはTransporter Suiteを「柔軟性のある汎用的なETLプラットフォーム」としてアピールしている。

 Transporter Suiteによって提供される主な移行機能と共存機能は以下のとおり。

  • NotesのユーザーとメールをExchangeに移行する
  • NotesメールとExchangeを接続し、共存させる(例えば、送られてくるメールはExchangeで受信し、Notesユーザー向けにDominoに転送するといったことが可能)。メールにはSimple Mail Transport Protocol(SMTP)、カレンダーデータにはiCalendar標準が用いられる
  • DominoディレクトリとActive Directoryとの同期化
  • カレンダーのフリー/ビジー情報を探す
  • Dominoアプリケーションを解析し、SharePointに移行する(ただし、ビジネスロジック、ワークフロー、ユーザーインタフェースは移行されない)

 Transporter Suiteは現在、β版が提供されている。サポートされているのは、Lotus Domino 5/6/7から、Exchange Server 2007、SharePoint Server 2007、Windows SharePoint Services(WSS)3.0、およびWindows Server 2003 Active Directoryへの移行あるいは接続だ。Exchange 2007を導入していない組織も、Transporter Suiteを使ってDominoのデータやアプリケーションをSharePoint ServerやWSSに移行できる。

 Notesから旧バージョンのExchangeやSharePointに移行あるいは接続するためのツールは、今後も引き続き提供される。そうしたツールには、Application Analyzer 2006 for Lotus Domino、Data Migrator 2006 for Lotus Domino、Exchange Server 2003 Connector、Exchange Server 2003 Calendar Connectorなどが含まれる。Transporter Suiteには、これらのツールにより個別に提供されていたサービスがすべて統合されている。

Transporter Suiteのアーキテクチャ

 Transporter Suiteは、多様なタスクに合わせてカスタマイズできるプラットフォームとして、これまでのツール群よりも柔軟で融通性の高い存在となりそうだ。Transporter Suiteは、SQL ServerのIntegration Servicesなど各種のETLアプリケーションが提供するETLサービスの代替選択肢として、各種のETLソリューションにも利用できる。

 Transporter SuiteのコアエンジンはC#で記述されており、構造化データと非構造化データ、いずれのデータソースにも接続できる。異種データソースからもオブジェクトやデータを読み込んで表示でき、ターゲット環境(ExchangeメールストアやActive Directoryなど)に注入する前に、そうしたオブジェクトの変換、追加、削除を行える。

 Transporter Suiteに手を加える際の主要なインタフェースはPowerShellだ。PowerShellはExchange Server 2007で導入されたシェルスクリプティングエンジン。PowerShellを使えば、Dominoのオブジェクトやデータを開き、それをExchange環境に移行するためのTransporter Suiteの各種機能にアクセスできる。管理者はコマンドラインからPowerShellを扱えるが、グラフィカルユーザーインタフェースも提供されており、組織がWebインタフェースを開発することも可能だ。例えば、ユーザーがWebリンクをクリックすると、新しいページが開かれ、そのページで自分のDominoメールボックスをExchangeに移行する作業を進められるようにする、といったこともできる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -