レビュー
» 2007年05月28日 07時04分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフトウェア不具合は早期段階で解決せよ!――革新的な静的コード解析技術の全貌

ソフトウェア開発において、従来の静的解析ツールでは誤検知率が高い、小規模なコードベースに制限されてしまうなどの問題があった。しかし、スタンフォード大学の研究所で生まれた革新的な技術をベースにすることで、そういった問題を克服した革新的な静的コード解析ツールがある。

[ITmedia]

 lintなどの静的解析ツールは、ソースコードそのものを解析し、不適切なコーディングや論理構造を検出するのに役立つ。ただ、これまでの静的解析ツールは誤検出が多く、信頼性に疑問があった。

 そういったさまざまな問題を解決した画期的な静的解析ツールがある。このツールでは、スタンフォード大学のコンピュータシステム研究所で生まれた革新的技術を採用し、何百万行ものソースコードをすばやく解析して、バグを検知できるようにした。コンパイラが生成した中間コードも参照し、仮想環境でビルドおよび解析を実行する。このため、以前のツールよりも精度の高い解析が可能になった。

 ここでは、Coverityが提供する、開発の初期段階でバグを検出し、工数の軽減に役立つ静的ソースコード解析ツールとその技術について解説する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -